論理的に考えることは積み上げていくこと

カテゴリー: ブログ 中学生  

問:炭の火を強くするために彼がどうしてこのような行動をしているのか?
といった問題に対してみなさんはどれだけ論理的に考えることができますか?

教室で何人かの児童生徒に
聞いたところいくつか面白い解答がありましたので
答えの紹介と合わせて
この問題についての考え方を
説明をさせていただきます.

ケース1
「焼肉を食べるため」

これも一つの解答かもしれません.
ですが今回は
うちわで風を送っている
この行動に着目したいと思います.

ケース2
「空気を送るため」

空気の約80%が窒素ですから
空気を送るということは
炭に窒素を送るためということでよいのでしょうか?

ケース3
「酸素を送るため」

炭の火を強くするために
酸素を送る必要があるのは
酸素にどのような性質があるからでしょうか?

ケース4
「助燃性のある酸素をグリル内に送ることで
火の勢いを強くしたいと考えたから」

空気を送ることに関してはその通りです.
ですが
であれば空気を送るのにグリルの上からでも
問題ないはずなのに
わざわざグリルの下の方から空気を送っているのは
どうしてでしょうか?

本来であればケース5についても
検討したいところですが
ここから先は皆さんで考えてみてください.

さてこのように論理的に考えることは
とても難しく思われるかもしれません.

しかし助燃性の話も
空気を下から送る理由についても
すでに小学校理科で習った内容です.

なので
皆さんの中にはすでに論理的に考えるための
素材をすべてそろっているのです.

それでも論理的に考えることができないのは
知っていることをひとつひとつ積み上げていく
その練習が不足しているからです.

サイエンスデイズでは
すでに備わっている学力を最大限に活用することで
論理的に考える能力を身につけることで
みなさんの成長のお手伝いをさせていただきます.

実験塾にご興味のある方は
一度教室に遊びに来てください.