テスラコイル 【実験教材の紹介 その1】

カテゴリー: ブログ 実験教材の紹介  タグ:

「こんな教材があるよ.」と紹介されて早いもので4か月ぐらいが経っていそうです… 本当に申し訳ないです.

 さて,今回の教材ですが,作るのはそれほど難しくはなく,はんだづけ作業ができれば誰でも作れるかと思います.(はんだづけ作業が難しいと感じる人は,約180円のユニバーサル基盤1枚と1本約1円の抵抗を100本購入.すべての抵抗を基盤にはんだ付けすればすぐにできるようになります.)あと説明書が中国語ですが,基盤にとりつけるパーツが記載されているので,安心して作業に集中することができます.

 唯一難所があるとしたら,電源アダプターを確保することでしょうか.私は,15V1.6Aのものをマルツで購入しましたが,普通のホームセンターにぴったりな電源アダプターがあるような気がしない.電源どうしようと思うぐらいでしたら,教材を買うときに,一緒にネットで電源アダプターを購入することをお勧めします.

 作る前の状態の写真がなかったので,今回は作った後,さらに電源を入れた状態を紹介します.もちろんですが,よくイベント会場で見るような,大きなものではないです.ですが,自分で作ったテスラコイルが空中放電をしているのを見るのはとても感動します.「おぉーすげー!!」と絶対になります.

 さらに,この教材のすごいところは,放電を見て終わりではなく,無線電源供給も体験できるところにあります.体験の仕方はとても簡単で,付属の電球(?)をコイルに近づけだけです.すると不思議なことに,ただ持っているだけの電球が突然光りだすのです!

 対象としては,作ったりするのが好きな小学生高学年から中学生ぐらいかと思います.値段は確か1,000円ぐらいだったような気がするので,興味のある方はぜひ,探してみてください.