習い事にどのようなことを求めていますか?

みなさんが、
お子様の習い事に求める思いはどのようなものでしょうか。

ご家庭ごとに異なるご意見があるかと思いますが、
多くは次のような思いがあるのではないでしょうか。

『自分の好きなことを見つけてほしいかも』
『家や学校ではできない経験をさせたいな』
『できれば自分で考えて行動できるようになってほしい!』

サイエンスデイズでは、
実験活動を通じて、みなさまのこの思いの実現を目指します!

では実際にどのようにしてこの思いの実現を目指していくのでしょうか。

サイエンスデイズはどんなところ?

1.楽しい実験がたくさん!

光るスライムづくりの実験
顕微鏡を使って微生物の観察をしている様子

サイエンスデイズには、
ブラックライトを使ってスライムを光らせたり、顕微鏡で奇妙に動いている微生物の観察をしたり、
お家ではなかなかできない楽しい実験がたくさんあります!

学校で習う理科とも少し違う未知の分野を体験することで、
新しい「好き」を発見するきっかけとなります。

2.自分の力で実験を進めよう!

実験を行うための道具は自分たちでそろえる
実験の説明書を読んで、実験を進めていく。

サイエンスデイズでは
ほとんどの作業に対して講師のサポートは入りません。
子どもたちは自分の力だけで実際に手を動かしながら実験を進めていきます。

加えて、子どもたちは受け取った実験の説明書を頼りに、
必要な道具や実験方法を判断して実験を進めていきます。

子どもたちにとってハードルが高いかもしれませんが、
「自分の力で実験を成功させることができた!」という成功体験を得ることができます。
そして、その積み重ねは
お子様の自信と達成感につながります。

3.協力して実験を進めよう!

グループ内の能力を最大限発揮
協力して実験を進めていく!

少し大掛かりな実験はグループで行います。
グループ内で相談しながら実験を進めることで、
チームで動くことの大切さとチーム全体の力を最大限に発揮する方法を身につけます。

4.考えを人に伝えよう!

自分の考えを絵と文章で表現する
考え方に間違いがないか、先生に確認をしてもらう。

実験を行うだけではなく、
実験のたびに結果のまとめと考察を行います。

目の前の現象をしっかりと観察し、
どうしてそのようなことが起きたのかを考えることで、
子どもたちは自分の考えを整理し、
人に伝える力を養っていきます。

サイエンスデイズの子どもと保護者からの声

ここまでサイエンスデイズの教育方法についてお伝えさせていただきました。

ここからは
現在サイエンスデイズに通ってくれている児童と
その保護者の皆さまからいただいた感想の一部を紹介します。
入会をお考えの方は、ぜひご参考ください!!

サイエンスデイズに通って成長できたこと

2024年度4年生 S.A君

ものを見たときにどのようなげんりで動いているのかなど、考えたり気にするようになって、実験が好きになった!

2024年度5年生 S.Tさん

実験教室に通ったら、ふしぎに思うことが増えました。自分の周りにはふしぎがいっぱいあって、ふしぎを解決したいとなりました。
サイエンスデイズに通う前はあんまり生活の中で考えることがなかったけど、今はふしぎにおもうことがいっぱいふえました!

子どもが成長したなと感じたこと

保護者からの声
保護者からの声

お問い合わせ方法と教室の場所

お問い合わせ方法

お子様が何かに夢中になる経験は、
その後の学びや人生に大きな影響を与えます。
サイエンスデイズでは、お子様一人ひとりが自分の「好き」を見つけ、
その才能を伸ばすサポートを全力で行っています!

また、実験を通じて得た考察力や表現力は、
今後の学びやコミュニケーションにおいて大きな財産となります。
ぜひ、この機会に理科実験教室にご参加いただき、お子様の新しい一面を見つけてみてください。

教室の雰囲気を体験してみたいという方は、
お問い合わせ専用ページから気軽にご連絡ください!

専用ページには時間割とお月謝につきましても記載させていただいております。

教室の場所

googleマップから

googleストリートビューから

〒432-8012 
静岡県浜松市中央区布橋2-12-35中村ビル302号室
車でお越しの際はご一報ください!

静岡県立浜松北高校静岡大学浜松キャンパスの間ぐらいです。

講師の紹介

【林田 亮(はやしだ りょう)】
1984年浜松生まれ。静岡大学工学院工学研究科修了。小型人工衛星の軌道制御のシミュレーションの研究を行う。大学院修了後、燃焼機関関連の企業に就職。大学院時代から行っていたボランティア活動である「日本宇宙少年団浜松分団」の宇宙教育をとおして、子どもたちへの実践的科学教育の必要性に目覚める。その後会社を辞め、光産業創成大学院大学に入学し、2012年サイエンスデイズを設立。
サイエンスデイズの設立当初は、小学生の子どもたちだけを対象とした理科教室のつもりだったが、大人向けの講座や、大学で後輩の学生を教える経験をとおして、生涯にわたって力となりえる教育の在り方について考えはじめ、現在の文理融合の教育の必要性に基づいた科学塾活動に至った。

1~3年生の授業の様子 授業の様子

光の中にあるいろんな色を見つけよう!

2024/5/9

少し前に光の色を混ぜると白色に近づいていく加法混色について学習をしました。今回はその混ざり合った色を分けることが出来るのか、について学習をしていきます。

1~3年生の授業の様子 授業の様子

おもさを計る練習!

2024/4/26

おもさを計れるようになるのは、科学実験において必須技術です。今回の授業では、その必須技術をしっかりと身につけることが目的となります。

1~3年生の授業の様子 授業の様子

インクの中にあるいろんな色を見つけよう

2024/4/18

「赤色に見える油性ペンも、実はその中には黄色が含まれているよ」と言われたらみなさんはどのように感じるだろうか?

4~6年生の授業の様子 授業の様子

大きさの違う車輪を転がす実験

2024/4/16

最先端の研究になるほど、ひとつの実験機器の製作を依頼するとかなり高価になります。そのため、いきなり本番用の機器を依頼して作ってもらうのではなく、一度手作りで試作版を作るそうです。どうやらよい科学者になるためには、理科だけではなく工作も得意になる必要があるみたいです。

もっと見る

自由研究のテーマ

ぶんぶんゴマを作ろう|夏の工作・自由研究に

2024/4/2

ぶんぶんゴマについていろいろと調べてみると、みんな回し方に苦労していることがわかる。では誰でも回せるようなぶんぶんゴマを作るにはどすればよいのだろうか。といったことを研究テーマにしていてはいかがでしょうか?

自由研究のテーマ

画用紙で簡単コマを作り!|夏の工作・自由研究に

2024/3/27

夏休みの工作や自由研究の題材はいろいろとありますが、その中でも今回紹介するコマづくりは簡単に作ることができますので、低学年の児童にもオススメです!

自由研究のテーマ

蛇玉・へび花火の作り方|簡単実験・自由研究に

2023/6/27

比較的簡単に家庭でも行うことができて、短時間で自由研究を終わらせる題材としてはうってつけの実験です。いつまでも伸び続けるへび花火はスライム以上に人気があるかもしれません。

自然現象の解説 自由研究のテーマ

ペーパークロマトグラフィーで水性ペンの色の分解実験

2023/6/7

0.ペーパークロマトグラフィーで水性ペンの色の分解実験 1.ペーパークロマトグラフィーの原理色を分解できるのか? どうしてペーパークロマトグラフィーで色を分解す ...

もっと見る

専門知とどう向き合う?

本の紹介

専門知とどう向き合う?

2020/3/20

【タイトル】 専門知は、もういらないのか 無知礼賛と民主主義 【本書の問題提議】 本書はよくある市民の知識に関する無関心を嘆いているのではない。知識に対する積極 ...

よいこの君主論

本の紹介

覇王となりたいよい子のための本

2020/3/7

【本の紹介:よいこの君主論】 【対象1:我が子を社長にしたい保護者】 【対象2:新学期に覇を唱えたい、よいこの諸君】 子供の頃から人に使えることに慣れてしまった ...

脳を鍛えるには運動しかない

本の紹介

脳を鍛えるには運動しかない!

2020/3/5

浜松市も3日から15日まで公立の小中学校がお休みとなりました。 この先どうなるか不透明ではありますが この2週間で状況が改善されることを切に願います。 今回紹介 ...

教育虐待

教育問題 本の紹介

【本の紹介】教育虐待

2020/1/18

ここ浜松市は中学受験が受けられる 中学校が少ないため中学受験は それほど加熱していない。 ただしその分高校受験になると 受験熱が加速度的にヒートアップする。 特 ...

もっと見る